活動概況

WINDSフォーラム・セミナー

  • 第7回

    2018年7月2日開催

  • 第6回
    (年次総会(2017年度)と併催)

    2018年3月20日開催

  • 第5回

    2017年12月18日開催

  • 第4回

    2017年7月10日開催

  • 第3回
    (設立1周年記念総会と併催)

    2017年3月21日開催

  • 第2回

    2016年11月28日開催

  • 第1回

    2016年6月6日開催

総会

  • 年次総会(2017年度)
    第6回セミナー

    2018年3月20日開催

  • 設立1周年記念総会
    第3回セミナー

    2017年3月21日開催

  • 設立記念総会

    2016年2月24日開催

その他

  • 高速画像処理に関する技術説明会

    2017年6月29日開催

  • 高速画像処理技術応用のための
    分野別説明会

    2018年6月21日開催

第7回WINDSフォーラム・セミナー2018年7月2日

7月2日(月)ホテルグランドパレス(東京都千代田区)において、「WINDSフォーラム・セミナー」を開催しました。東京大学を代表とする研究グループでは、一昨年より国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)による「戦略的創造研究推進事業(ACCEL)」を実施しており、第7回目となる今回のセミナーでは、本事業における共通基盤技術としての高速画像処理の様々な応用展開について、複数の関係大学機関から今後産業利用が期待される研究成果の紹介が行われました。当日は、多数の会員及び関係者の皆様にご参加いただき、セミナー終了後に行われた意見交換会とともに大変盛会となりました。

冒頭、石川正俊WINDSネットワーク副会長(東京大学大学院情報理工学系研究科 教授)による挨拶の後、岸 則政 JST・ACCELプログラムマネージャー(東京大学客員研究員)から、「戦略的創造研究推進事業(ACCEL)における高速画像処理を用いた知能システムの応用展開」と題して概要説明が行われました。ここでは、「自動車・交通」、「高速ヒューマンインターフェース」、「バイオ・医療」等の各産業分野での技術応用を通じて、様々な用途に展開できる高速画像処理技術の共通基盤の確立を目指していることが紹介されました。

写真:岸プログラムマネージャー

岸 PMによる概要説明

講演では、奈良先端科学技術大学院大学 太田 淳 教授(物質創成科学研究科)から、「高速ビジョンシステムを応用したパーソナル眼底カメラ」と題して講演が行われました。

ここでは、高速ビジョンシステムのバイオ・医療応用として、パーソナルヘルスケアを目指した眼底カメラシステムが紹介されました。従来、医師が撮像していた眼底像を気軽に個人が撮像できるようになり、このようなパーソナル眼底カメラの開発により、高血圧や糖尿病などの生活習慣病の予防に役立つことが期待されることを示されました。

>>配布資料は、「会員専用サイト」へ

写真:太田教授

奈良先端大 太田教授による講演

写真:太田教授

引き続き、群馬大学 奥 寛雅 准教授(大学院理工学府)からは、「高速画像処理の光学顕微鏡応用」と題して講演が行われました。マイクロメートルオーダの微細なスケールの世界では、物体がより高速な運動をする傾向にあるが、光学顕微鏡と高速ビジョンを組み合わせることで微細な対象の計測・制御を実現するマイクロビジュアルフィードバック技術についての解説とともに、微生物トラッキングなどの応用事例について動画を交えて紹介されました。

>>配布資料は、「会員専用サイト」へ

写真:奥准教授

群馬大 奥 准教授による講演

写真:奥准教授

最後に、広島大学 石井 抱 教授(大学院工学研究科システムサイバネティクス専攻)から、「高速ビジョンを用いた振動イメージング」と題して講演が行われました。高速ビジョンが音声周波数レベルの振動分布を瞬時に捉えるダイナミックセンシングツールとして、様々な応用分野において大きな可能性を有することを、画素レベルでの信号処理に基づく振動源検出を実現する高速ビジョンの紹介とともに、マルチコプター追跡等の事例を通じて振動イメージング応用の可能性が示されました。

写真:石井教授

広島大 石井教授による講演

写真:石井教授

(第7回WINDSフォーラム・セミナー)

開会挨拶
WINDSネットワーク副会長(会長代行) 石川 正俊
(東京大学大学院情報理工学系研究科 教授)
概要説明
「戦略的創造研究推進事業(ACCEL)における高速画像処理を用いた知能システムの応用展開」
国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)
ACCELプログラムマネージャー・東京大学客員研究員 岸 則政
講演1
「高速ビジョンシステムを応用したパーソナル眼底カメラ」
奈良先端科学技術大学院大学物質創成科学研究科・教授 太田 淳
講演2
「高速画像処理の光学顕微鏡応用」
群馬大学大学院理工学府・准教授 奥 寛雅
講演3
「高速ビジョンを用いた振動イメージング」
広島大学大学院工学研究科システムサイバネティクス専攻・教授 石井 抱

セミナー終了後、意見交換会を開催。

写真:自撮り眼底カメラのデモ

自撮り眼底カメラのデモ(意見交換会)

写真:自撮り眼底カメラのデモ

第5回WINDSフォーラム・セミナー2017年12月18日

12月18日(月)ホテルグランドパレス(東京都千代田区)において、「WINDSフォーラム・セミナー」を開催しました。第5回目となる本セミナーでは、「毎秒1,000フレームが変える新たなビジョンセンサーとアプリケーション応用開発」をテーマに、様々な応用用途が期待される高速画像処理ソリューションを短期間で開発するための標準プラットフォームとして、毎秒1,000フレームで対象物の検出と追跡を可能とする高速ビジョンセンサー「IMX382」と、本センサーを搭載した高速画像処理プラットフォームのソフトウェア開発キット「HSV SDK(High Speed Vision Software Development Kit)」について紹介、説明を行いました。セミナーでは、約140名の会員及び関係者の皆様にご参加いただき、セミナー終了後に行われた意見交換会ともに大変盛会となりました。


冒頭、石川正俊WINDSネットワーク副会長(東京大学大学院情報理工学系研究科教授)による挨拶の後、ソニーセミコンダクタソリューションズ株式会社インダストリー事業開発室山口圭治室長から、「高速ビジョンセンサー『IMX382』とそのビジネス応用展開に向けて」と題して講演が行われました。

毎秒1,000フレームで対象物の検出と追跡を実現する高速ビジョンセンサー「IMX382」の商品化にあたり、その構成や特徴、及び今後期待される様々な応用展開について紹介が行われました。

写真:石川副会長

石川副会長ご挨拶

写真:早川特任助教

ソニーセミコンダクタソリューションズ(株)
山口室長による講演

講演

(株)エクスビジョン 加治佐取締役による講演

次に株式会社エクスビジョン加治佐俊一取締役から、「高速ビジョン開発プラットフォーム『HSV SDK』の誕生」と題して講演が行われました。高速移動体を高速で画像処理できるリアルタイムシステムを工場などのファクトリー・オートメーション(FA)や検査ソリューションに組み込んで容易に応用するための新たなプラットフォーム「HSV SDK(High Speed Vision Software Development Kit)」の開発、そして提供開始(2018年1月下旬予定)にあたり、その目的、設計思想、構成、機能についてデモを交えて紹介が行われ、また今後の展開についても説明が行われました。

<<講演資料のダウンロードはこちら>>

(第5回WINDSフォーラム・セミナー)

開会挨拶
石川 正俊 WINDSネットワーク副会長(会長代行)
(東京大学大学院情報理工学系研究科 教授)
「高速ビジョンセンサー『IMX382』とそのビジネス応用展開に向けて」
ソニーセミコンダクタソリューションズ株式会社 インダストリー事業開発室
室長 山口 圭治
「高速ビジョン開発プラットフォーム『HSV SDK』の誕生」
株式会社エクスビジョン 取締役 加治佐 俊一

セミナー終了後、意見交換会を開催。

セミナーの様子
セミナーの様子

第4回WINDSフォーラム・セミナー2017年7月10日

7月10日(月)ホテルグランドパレス(東京都千代田区)において、「WINDSフォーラム・セミナー」を開催しました。第4回目となる本セミナーでは、高速画像処理における様々な技術想定分野のうち「FA・高速検査」及び「ヒューマン・インターフェース」に焦点をあて、それぞれ応用展開の取り組みや具体的事例について紹介しました。当日は、約100名の会員及び関係者の皆様にご参加いただき、セミナー終了後に行われた意見交換会とともに大変盛会となりました。

セミナーは、冒頭、石川正俊WINDSネットワーク副会長(東京大学大学院情報理工学系研究科・教授)による挨拶の後、始めに「FA・高速検査」分野での応用展開をテーマに、東京大学 渡辺義浩講師(大学院情報理工学系研究科)から、「高速画像処理の計測・検査応用」と題して講演が行われました。高速画像処理がもたらす大幅な速度向上が、対象物の動きを止めずに計測する、あるいはより多くの製品を検査するといったニーズを満たすための重要な鍵となることを、具体的な事例を通して示されました。

写真:石川副会長

石川正俊WINDSネットワーク副会長

写真:渡辺講師

東京大学 渡辺講師による講演

東京大学 早川智彦特任助教(大学院情報理工学系研究科)からは、「高速道路の点検における高速ビジョンの活用」と題して講演が行われました。効率的な高速道路のトンネル点検手法として、高速ビジョンと回転ミラーを用いたアクティブビジョンシステムを基礎とした、時速100kmで走行中の車両からでも0.2mmのひび割れを撮像可能な装置についての解説と、その後のトンネルでの高速検査実証実験結果について紹介されました。

写真:早川特任助教

東京大学 早川特任助教による講演

写真:渡辺講師

渡辺講師による講演

次に「ヒューマン・インターフェース」分野における応用展開をテーマに講演が行われました。

第1の講演に引き続き、渡辺講師から「高速画像処理のヒューマン・インターフェース応用」と題して講演が行われ、人間と機械が調和する本来のヒューマン・インターフェース技術に向けて、高速画像処理がどのような効果をもたらすかについて具体的な事例とともに紹介されました。

最後に、東京大学 末石智大特任助教(大学院情報理工学系研究科)から、「高速光軸制御とそのヒューマン・インターフェース応用」と題して講演が行われました。ここでは、人の手に代表される不規則かつ高速に動き回る動的対象の計測戦略のひとつとして、駆動鏡面を用いた高速光軸制御技術の説明と、特にヒューマン・インターフェース方面での応用事例が紹介されました。

写真:末石特任助教

東京大学 末石特任助教による講演

(第4回WINDSフォーラム・セミナー)

開会挨拶
WINDSネットワーク副会長(東京大学大学院情報理工学系研究科 教授) 石川 正俊

①「FA・高速検査」分野における応用展開

講演1
「高速画像処理の計測・検査応用」
東京大学大学院情報理工学系研究科 講師 渡辺 義浩
講演2
「高速道路の点検における高速ビジョンの活用」
東京大学大学院情報理工学系研究科 特任助教 早川 智彦

②「ヒューマン・インターフェース」分野における応用展開

講演3
「高速画像処理のヒューマン・インターフェース応用」
東京大学大学院情報理工学系研究科 講師 渡辺 義浩
講演4
「高速光軸制御とそのヒューマン・インターフェース応用」
東京大学大学院情報理工学系研究科 特任助教 末石 智大

セミナー終了後、意見交換会を開催。

セミナーの様子
セミナーの様子

第2回WINDSフォーラム・セミナー2016年11月28日

11月28日(月)ホテルグランドパレス(東京都千代田区)において、「WINDSフォーラム・セミナー」を開催いたしました。第2回目となる本セミナーでは、高速画像処理技術に関する最新の動向や、将来の技術応用の可能性等について解説を行うとともに、具体的な応用成果についての紹介が行われました。

開催時において参加会員企業・団体等が100(104企業・団体等)を超え、また、第1回と同様、約100名の方々にご参加いただき、セミナー終了後の意見交換会とあわせ、大変盛会となりました。

(第2回 WINDSフォーラム・セミナー)

講演1
「高速画像処理の新展開」
東京大学大学院情報理工学系研究科 教授 石川 正俊
講演2
「日産高速ビジョン研究を通じた応用推進の取組みとWINDS活動への期待」
日産自動車株式会社 総合研究所 モビリティ・サービス研究所(統括会員) 中村 光範
講演3
「高速プロジェクタ『DynaFlash』とその応用」
東京エレクトロンデバイス株式会社 TI事業本部 製品技術部 部長 湯浅 剛 氏

セミナー終了後、意見交換会を開催。

セミナーの様子
セミナーの様子
(石川正俊東大教授・WINDSネットワーク副会長)
講演
日産自動車株式会社総合研究所(統括会員)
中村 光範 研究員による講演
講演
東京エレクトロンデバイス株式会社
湯浅 剛 部長による講演

第1回WINDSフォーラム・セミナー2016年6月6日

6月6日(月)ホテルグランドパレス(東京都千代田区)において、「WINDSフォーラム・セミナー」を開催いたしました。第1回目となる本セミナーでは、WINDSネットワークプロジェクトの根幹となるデバイス技術(CMOSイメージセンサー)とシステム技術(高速画像処理)の解説とともに、最新の動向、今後の応用展開等について事例を交えての紹介が行われました。

当日は、会場が満席となる約100名の方々にご参加いただき、また、セミナー終了後に行われました意見交換会もあわせ、大変盛会となりました。

(第1回 WINDSフォーラム・セミナー)

挨拶
WINDSネットワーク副会長 石川 正俊(東京大学大学院情報理工学系研究科 教授)
講演1
「高速ビジョンのためのイメージセンサーの要素技術」
ソニーセミコンダクタソリューションズ株式会社(統括会員)マネジャー 吉村 真一
講演2
「高速画像処理の現状と応用展開」
東京大学大学院情報理工学系研究科 教授 石川 正俊

セミナー終了後、意見交換会を開催。

セミナーの様子
セミナーの様子
意見交換会
意見交換会

年次総会(2017年度)・第6回セミナー2018年3月20日

WINDSネットワークは、2017年度の締め括りとして、3月20日(火)ホテルグランドパレス(東京都千代田区)において「WINDSネットワーク 年次総会(2017年度)・第6回セミナー」を開催しました。

年次総会・セミナー当日は、多数の会員企業・関係者等にご参加いただきました。また、本会終了後に行われた懇親会とともに盛会となりました。

活動報告

石川副会長による活動報告

年次総会冒頭の挨拶では、石川正俊WINDSネットワーク 副会長(東京大学大学院情報理工学系研究科 教授)から、会員企業及び各関係者に対し、WINDSネットワーク活動への協力に対する謝辞が述べられました。

引き続き、2017年度の活動報告が行われ、WINDSネットワークの1年間の活動概要と今後の活動に関する報告とともに、高速画像処理に関連する技術開発動向についての説明がありました。

年次総会に続いてWINDSフォーラム・セミナーが開催され、妹尾 拓 東京大学助教(大学院情報理工学系研究科)から、「知能ロボットにおける高速画像処理の応用」と題して講演が行われました。ここでは、高速ビジョンをロボット制御へ組み込むときの構成法を概説した後に、二足ロボットのバランス安定化を視覚制御で実現した高速二足走行と、弾性アームの形状計測及び高次振動モード検出に基づく振動抑制の研究事例について動画を交えて紹介されました。

講演

妹尾助教による講演

講演

石川教授による講演

石川正俊 東京大学教授(大学院情報理工学系研究科)からは、「高速画像処理技術の現状と今後の展開」と題して講演が行われました。高速画像処理技術を取り巻く現状及び高速ビジョン開発と今後の動向についての説明とともに、様々な産業分野における昨今の当該技術応用事例について紹介されました。

(WINDSネットワーク年次総会(2017年度)・第6回WINDSフォーラム・セミナー)

挨拶
2017年度活動報告
WINDSネットワーク副会長 石川 正俊(東京大学大学院情報理工学系研究科 教授)
講演1
「知能ロボットにおける高速画像処理の応用」
東京大学大学院情報理工学系研究科 助教 妹尾 拓
講演2
「高速画像処理技術の現状と今後の展開」
東京大学大学院情報理工学系研究科 教授 石川 正俊

年次総会・セミナー終了後、意見交換会を開催。

セミナーの様子
懇親会の様子

設立1周年記念総会・第3回セミナー2017年3月21日

「WINDSネットワーク」プロジェクトでは、設立1周年を迎えたことに伴い、3月21日(火)、東海大学校友会館(東京都千代田区霞が関)において、「WINDSネットワーク設立1周年記念総会・第3回セミナー」を開催しました。総会・セミナーには、120名を超える会員企業・関係者等にご参加いただき、総会・セミナー終了後に行われた懇親会とともに大変盛会となりました。

WINDSネットワーク設立1周年記念総会・セミナー

総会冒頭の挨拶では、鈴木智行会長(ソニー株式会社 執行役 副社長)より、会員企業及び関係者に対し、WINDSネットワーク活動への協力に対する謝辞が述べられました。また、WINDSネットワークの概況とこれまでの関連技術の進展、及び今後の活動の方向性について説明がありました。

写真:鈴木会長

鈴木会長:ご挨拶

写真:石川副会長

石川副会長:WINDSネットワーク活動報告

会長挨拶に続いて、石川正俊副会長(東京大学大学院情報理工学系研究科 教授)から、「WINDSネットワーク活動報告」がありました。ここでは本プロジェクトでのシステム技術である高速画像処理とその応用展開についての概要を説明したほか、WINDSネットワークの1年間の活動の概要と今後の活動予定について報告が行われました。

WINDSネットワーク活動報告の後、引き続きWINDSフォーラム・セミナーが開催され、ソニーセミコンダクタソリューションズ株式会社 センシングソリューション事業部 新田嘉一 統括部長から、「高速ビジョンチップとDRAM積層イメージセンサー」と題して、講演が行われました。

ここでは1,000フレーム/秒で撮像素子から読み出した画像を演算して得られるセンシング結果を363 ミリワットの低消費電力で出力可能な高速ビジョンチップのアーキテクチャや応用事例が示されました。また、高速読み出しによりフォーカルプレーン歪みを抑えた静止画撮影や、フルHDサイズで1,000フレーム/秒のスーパースローモーション動画撮影を可能とする業界初のDRAMを積層した3層構造の積層型CMOSイメージセンサーについての説明が行われました。

写真:新田統括部長

ソニーセミコンダクタソリューションズ(株)
新田統括部長による講演

写真:加治佐取締役 写真:デモシステムの紹介

(株)エクスビジョン 加治佐取締役による講演

(株)エクスビジョンによるデモシステムの紹介
(高速射出されたBB弾を
アクチュエーターによりキャッチする)

株式会社エクスビジョンからは、加治佐俊一取締役より、「高速画像処理ソリューション構築のためのプラットフォームのご紹介」と題して、講演が行われました。

高速移動体を1,000分の1秒のフレームレートで撮像すると同時に検出、追跡を行い、それをもとにアクチュエーターを高速に制御するシステムを含む3種のデモンストレーションを行うとともに、高速画像処理技術を応用した多様なソリューションを短期間で簡単に開発するための、プラットフォーム実現に向けての考え方について説明が行われました。

最後に東京大学大学院情報理工学系研究科 山川雄司 助教から、「高速ビジョンを用いたロボット応用」と題して、講演が行われました。ロボットの高速かつ高精度な制御を実現する1,000Hzの高速ビジュアルフィードバックと補償機構によるDynamic Compensationについて説明が行われ、また、Dynamic Compensationにより実現したロボット応用を活用した様々な事例が、動画を用いて示されました。

写真:山川助教

東京大学 山川助教による講演

写真:懇親会の様子

懇親会の様子

総会・セミナー終了後には懇親会が開催され、多くの会員企業・関係者の皆様にご参加いただきました。懇親会会場では、株式会社エクスビジョンによるVision Chip搭載システムとジェスチャーシステムのデモンストレーションも行われ、盛況のうちに散会となりました。

【WINDSネットワーク設立1周年記念総会・第3回WINDSフォーラムセミナー】

(総会)

会長挨拶
WINDSネットワーク会長 鈴木 智行(ソニー株式会社 執行役 副社長)
WINDSネットワーク活動報告
WINDSネットワーク副会長 石川 正俊(東京大学大学院情報理工学系研究科 教授)

(セミナー)

講演1
「高速ビジョンチップとDRAM積層イメージセンサー」
ソニーセミコンダクタソリューションズ株式会社
センシングソリューション事業部 センシング2部 統括部長 新田 嘉一
講演2
「高速画像処理ソリューション構築のためのプラットフォームのご紹介」
株式会社エクスビジョン 取締役 加治佐 俊一
講演3
「高速ビジョンを用いたロボット応用」
東京大学大学院情報理工学系研究科 助教 山川 雄司

設立記念総会2016年2月24日

2月24日(水)、ロイヤルパークホテル(東京都中央区)において、「WINDS ネットワーク設立記念総会」を開催いたしました。総会には、会場が満席となる200名余りの方々にご参加いただき、盛会となりました。

(WINDSネットワーク設立記念総会)

挨拶
WINDSネットワーク会長 鈴木 智行(ソニー株式会社 執行役 副社長)
来賓挨拶
経済産業省 商務情報政策局 デバイス産業戦略室長 田中 邦典 様
「WINDSネットワークの概要と今後の取り組み」
WINDSネットワーク副会長 石川 正俊(東京大学情報理工学系研究科 教授)
特別講演
「日産自動車における高速ビジョン研究」
日産自動車株式会社 総合研究所 モビリティ・サービス研究所 所長 三田村 健 様
鈴木会長
鈴木会長
経済産業省 田中室長
経済産業省 田中室長
石川副会長
石川副会長
日産自動車 三田村氏
日産自動車 三田村氏
総会の様子
総会の様子
懇親会
懇親会

高速画像処理に関する技術説明会2017年6月29日

6月29日(木)東京大学伊藤国際学術研究センター(本郷キャンパス構内)において「高速画像処理に関する技術説明会」を開催しました。WINDSネットワーク設立から1年余りが経過し、今後の具体的な技術応用や事業化の方向性・可能性について更に踏み込んで検討を進めるため、広く会員の皆様に高速画像処理技術の概要についてあらためてご説明する機会を設けることとしたものです。

今回は、40名程度の小規模セミナー形式とし、石川正俊東京大学教授(大学院情報理工学系研究科)から「高速画像処理の現状と応用展開」と題して約90分にわたって講演が行われました。その後の質疑応答では、参加会員の皆様から積極的なご質問等が寄せられ、今後に向けて非常に実りある説明会となりました。

意見交換会
意見交換会

高速画像処理技術応用のための分野別説明会2018年6月21日

6月21日(木)東京大学伊藤国際学術研究センター(本郷キャンパス構内)において、「高速画像処理技術応用のための分野別説明会」を開催しました。今後、具体的な技術応用や事業化検討へつなげるための足掛かりとして、特定の技術応用分野に焦点を当てたもので、今回は、「高速ロボット」分野及び「FA・高速検査」分野を対象とし、基礎から応用にわたり広く当該技術や応用事例の解説が行われました。

説明会では、山川雄司東京大学講師(生産技術研究所)から、「高速ビジュアルフィードバックによる産業用ロボットの知能化と人間ロボット協調」と題して、約90分にわたって講義が行われました(>>配布資料は、「会員専用サイト」からダウンロードできます)。その後の質疑応答では、参加会員の皆様から積極的なご質問等が寄せられました。

石川副会長による冒頭挨拶
石川副会長による冒頭挨拶
山川講師による講義の様子
山川講師による講義の様子
↑